Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿パートナーセンターで本登録!必要書類は?

ピザの宅配

ネットでUber Eats(ウーバーイーツ)に登録しましたが、ネット上での登録後、近くにあるパートナーセンターに行き本登録を済ませる必要があります。

この本登録に行くのが少し腰が重たくなり、そのまま行かないで終わりという人もきっと多いと思います。実際に僕も本登録に行くのがめんどくさくなり、途中で行くのを止めようかと思ってしまったほどです。

今回はウーバーイーツ新宿パートナーセンターに本登録しに行った時のお話をしたいと思います。

Uber Eats新宿パートナーセンターで本登録!

前回の記事でも書きましたがネット上でUber Eatsに登録しました。

それで終わりかなと思ったのですが、近くにあるパートナーセンターに行って本登録を終わらせないと実際に配達の仕事をすることが出来ません。

僕の場合は一番、近くにあるのが新宿パートナーセンターだったのでそちらまで行ってきました。

ちなみに東京都内にはパートナーセンターが3つあります。

◆ Uber Eats パートナーセンター(大門)

住所: 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
営業時間:月~日(12時~19時)

◆ Uber Eats パートナーセンター(秋葉原)

住所: 東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F
営業時間:月~日(12時~19時)

◆ Uber Eats パートナーセンター(新宿)

住所: 東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
営業時間:月~火・木~土(祝日含む)12時~19時

引用:https://www.uber.com/ja-JP/drive/tokyo/contact/

ネット上で登録を済ませたあとは上記3つのどこかで本登録を済ませてください。

僕が行ったのは新宿にあるUber Eatsパートナーセンターです。

アクセスは下記となります。

Uber Eats パートナーセンター(新宿)のアクセス

Google Mapを見ると分かると思いますが、西武新宿駅を降りて大ガードをくぐり小滝橋通りを少し沸きにそれたところにあります。

近くにはセブンイレブンや松屋、磯丸水産などがあるのですぐ分かると思います。

でも入り口が少し分かりずらいので最初は少し戸惑うかもしれませんね。

率直な感想ですが「こんな怪しそうなところで本当に登録できるの?」と言った雰囲気です(笑)

エレベーターで3階までいき恐る恐る部屋に入ると本登録に来た人達がすでに並んでいたので少しホッとしましたね。

行ったのが平日の夕方だったのですが意外と本登録に来ている人が多かったです。

本登録に必要な書類は?

本登録するのに必要な書類があるのか気になりますよね。

僕の場合はネットで登録した時に必要な書類を全て画像でアップしておいたので本登録時に必要なモノは一切ありませんでした。

ネット登録時に必要書類をアップしていない人は本登録時に下記の物が必要になります。

  • 身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、小型船舶操縦免許証)
  • プロフィール写真

 

外国人の方はパスポート、または在留カードが必要になるので覚えておきましょう。

僕はネット登録時にプロフィール写真を撮ってアップしたのですが、その時に面接の時に履歴書にはる証明写真を撮影してアップしてしまい一度、無効になってしまいました(笑)

証明写真などをプロフィール写真に登録するのは止めておいた方がいいですよ。

ちゃんと自分のスマホで撮影した顔がハッキリ分かる写真でないと無効になる可能性が高いです。

仕方がないので髪の毛をちゃんとセットし何回も自撮りし、その中で一番良さげな写真をアップしました。

自撮りなんて何年もしていないのでかなり久しぶりでしたよ。

そして自分の老け具合に泣きたくなってきました。(スマホでも盛れなくなってきた年頃なんだなぁとしみじみと…w)

Uber Eats新宿パートナーセンターで配達説明を聞く!

パートナーセンターに着いて入り口の受付でQRコードを読み取りウーバーイーツの説明が書かれたPDFを入手します。

普段、QRコードを読み取る作業なんてほとんどしない僕なので、係りの人にいきなり「このQRコードをお手持ちのスマホで読み取って下さい。」と言われテンパってしまいました。

カメラで普通にQRコード読み取れるんですね(笑)

普段、どれだけQRコードを使っていないのかバレてしまいますね。

それかスマホに疎い中年おっさんって思われてしまったかもしれません。

そしてウーバーイーツに関するパンフレットを2枚ほど受け取り、椅子に座って待たされます。

部屋の中には平日にも関わらず全部で10人~15人くらいの人が出入りしていましたね。

ウーバーイーツの配達に興味を持っている人がたくさんいるのがよくわかります。

平日なのにこれだけ登録者がいたら近い将来、飽和するんじゃないの?と少し不安になりながらも係りの人に呼ばれるまで待ちます。

数分で係りの女性に呼ばれウーバーイーツの配達やアプリの使い方について30分ほどレクチャーされます。

基本的に係りの人が一方的に話しているのをずっと聞いているだけなので特に問題はありません。

たまに分からないことがあったら質問してください、と言われるので疑問に思ったことや分からないことがあったらその都度、質問すると良いでしょう。

僕が説明を聞いた時に気になった要点がふたつありました。

  • 現金払い
  • クレジット払い

 

今までは配達をしたらその場でお客さんからお金を受け取る方法が主流だったのですが、最近はクレジット払いにも対応しているそうで、配達をする時に自分で選べるそうです。

その点について細かく説明してくれたのですが、その場だけで全てを理解するのは難しかったので帰って復習しましたね。

現金払いの時やクレジット払いの時にいくつか注意点があるので、そこら辺はちゃんと覚えておいた方がいいですよ。

僕もまだしっかり理解していないので、また説明できるようになったらこちらに追記したいと思います。

そして30分くらいレクチャーを受けたあとはウーバーイーツの配達で必要なバッグを受け取り終了となります。

ウーバーイーツの配達用バッグは有料?無料?

ウーバーイーツの本登録時に支給される配達用バッグなのですが、基本的には無料なのですが、4,000円のデポジットがかかっています。

ウーバーイーツで配達パートナーとして働きはじめると1週間ごとに1,000円引かれます。

4週間で4,000円という計算になりますが、もしウーバーイーツを辞めるときに配達用バッグを返却するとその4,000円は返却されるので実質無料になります。

もし1週間の稼ぎが0円とか500円の場合は引かれず、次回に持ち越しとなります。

以前は8,000円のデポジットだったのですが、最近は4,000円になったようなので、この点の負担は軽減されると思います。

係員の説明を聞き配達用のバッグを受け取れば晴れてUber Eats配達パートナーとしてすぐに働くことができます。

配達用のバッグを受け取ったのですが、想像していたよりもかなり大きかったです。

一応、折りたためるのですがそれでも大きいので電車で本登録に向かった僕は持ち帰りが大変でクタクタになってしまいました。

本登録も無事に終了し、配達用のバッグも手元にあるのですが、まだ配達には一度も出ていません(笑)

まず自転車レンタル問題とスマホの通信料問題があるからです。

いかに経費を掛けずに配達料をゲットするのかちゃんと戦略を立ててウバ活しないと損をしちゃいそうですからね!

あと、最近の東京は雨続きでなかなかウバ活ができません。

ウバ活初心者は慣れるまで雨の日は避けた方がいいと言われたので、まずは下準備をしっかりとして配達していけたらなと思います。

まとめ

ウーバーイーツ新宿パートナーセンターに本登録しに行った時のお話を詳しくしました。

まずはネット登録を済ませ、次にお近くのパートナーセンターで本登録を済ませましょう。

そして配達用バッグを受け取ったらすぐに配達することができます。

文字でやり方を勉強するのも大事ですけど、実際に一度配達を経験してみると分かってくることがたくさん出てくると思います。

僕も早く記念すべき1回目を迎えたいのですが、都内まで行かないといけないので腰が重たくなっちゃいますね。

晴れた日に初めてのウバ活を体験したいと思いますのでまたこちらに実践記を公開します。